選ばれる三つの理由

  • グループ内同時通話 最大5人
    • 最大5人の同時通話者は、通話のたびのボタン押し不要(常時ハンズフリー通話)
    • 最大40グループまで登録可能
  • グループ内の会話傍聴OK 最大100人傍聴
    • 通話者を合わせて、最大100人まで同時傍聴
    • 同時通話者がすでに5人いる場合は通話者は、入れ替わりで傍聴者になる
  • 遠くにいてもクリアに通信 最長300m
    • 超高性能ノイズキャンセリングを搭載。騒音下でもクリアな通話を実現
    • 無線特有の雑音も大幅に軽減

こんなシーンで活躍します

シーンA

チーム内でやりとりを行う場合

BRIDGECOM
  1. 現場スタッフ間でやり取りを行い、本部スタッフは必要に応じて指示を出す

使用例

店舗でのスタッフ間と本部とのコミュニケーション手段として
通話メンバー:リーダー、現場スタッフ、本部スタッフ

審判とスタッフとの連絡手段として
通話メンバー:主審、副審、本部スタッフ

シーンB

決められたメンバーでやりとりを行い、周りはその内容を聞くだけの場合

BRIDGECOM
  1. 通話メンバー3名でコミュニケーションを取りながら行動する
  2. 他のメンバーはその内容を傍聴し、内容を把握する

使用例

大型イベントのスタッフ間の連絡報告ツールとして。
通話メンバー:チームリーダー
傍聴メンバー:全てのスタッフ

シーンC

チームを組み、監督者や本部から定期的に指示を出す必要がある場合

BRIDGECOM
  1. 通話メンバー4名でコミュニケーションを取りながら行動する
  2. 時折、傍聴メンバーが一時的に同時通話に参加する

使用例

体験型イベントのチーム内の会話ツールとして使用。本部スタッフが、必要に応じてチームへ指示を出す
通話メンバー:参加チームのメンバー
傍聴メンバー:本部スタッフ

シーンD

複数のグループを行き来して、コミュニケーションをとる場合

BRIDGECOM
  1. 複数のグループを設定する
  2. 本体を操作して、グループ間を移動する
  3. それぞれのグループでコミュニケーションを行う
    ※会話をしているときは、他のグループの会話を聞くことはできません

使用例

工場内で業務内容ごとに通話グループを作り、リーダーはグループを横断して指示を出す。
通話メンバー:作業毎のチームメンバー
傍聴メンバー:スタッフ
グループ間を行き来するメンバー:リーダー

こんな現場で使われています

  • トヨタ自動車(株)
    トヨタ自動車㈱

    一人乗り電気自動車「Ha:mo」の観光地でのシェアリングサービス実証実験で、ドライバー同士の通信機として採用。初めて使用する人にも簡単に使えて、音がクリアで聞き取りやすいと評価をいただいています。

  • (株)カミオカプロダクト
    ㈱カミオカプロダクト

    大型製鉄所の設備工事現場において、高所作業での通信機として使用。ハンズフリーで同時通話ができるため、安全かつスピーディーに作業ができると好評です。

  • ラグビー競技場(イギリス)
    ラグビー競技場(イギリス)

    主審、副審、本部との通信機として使用。競技場のように広く、歓声で声が聞こえづらいところでもクリアに聞こえ、また非常に軽くて小さいので扱い易いと重宝されています。

BRIDGECOM X5

製品仕様

BRIDGECOM X5
  • 工事現場や工場内など、100dBの騒音下でもクリアな通話が可能
  • 軽量・コンパクト(厚み17mm、重さ88g)
  • 連続通話10時間以上の連続使用が可能
  • 安心の防水性能IP64(生活防水)設計
  • 免許や資格、使用登録等の手続き不要
  • 周波数ホッピング方式(FHSS:Frequency Hopping Spread Spectrum)の採用により、混信しにくく、雑音が少ない高音質を実現
周波数
2,403~2,480 Ghz
定格出力
10 mW/MHz
受信感度
-95 dBm
通信方式
同時通話
CH数
40チャンネル
電池容量
1100 mA (充電式リチウムイオンバッテリー内蔵)
連続通話時間
約10時間
動作温度範囲
−10℃ ~+50℃
防水性能
IP64(生活防水) *プラグカバーを閉めた状態において
重量
88 g
付属品
USB充電ケーブル、ストラップ
X5専用アクセサリーのマイク、イヤホンなど

製品についてのお問い合わせ

製品についての問い合わせ