選ばれる四つの理由

  • 大人数に対応
    • 急に参加者が増えた時でも、受信機を追加するだけで対応ができます。
  • 余裕のグループ分け
    • 多言語同時通訳する場合も、余裕を持ったグループ分けが可能です。
  • ゆとりある通信距離
    • 移動しながら使用するような場合でも、ゆとりを持って利用頂けます。
  • アイデアをプラス
    • BGMを流したり、一台を二人で使ったりと色々な使い方ができます。

GSシリーズだからできる使い方

  • 社員研修や修学旅行など、大人数を同時にガイド
    社員研修や修学旅行など、大人数を同時にガイド

    受信側の数に制限がないため、参加人数が多いからといって、受信器を追加する必要はありません。どんな人数が来ても、発信器は一台で対応できます。

  • 同じ施設内で分科会を複数に分けて会議を行う場合
    同じ施設内で分科会を複数に分けて会議を行う場合

    40chと豊富なチャンネル数が設定できるため、各会議室に一個づつ番号を割り振っても、混信することなく運用できます。

  • 自然公園や工場など広範囲を、乗り物で移動するツアー
    自然公園や工場など広範囲を、乗り物で移動するツアー

    先頭から最後尾まで距離が離れてしまっても、ゆとりの通信距離で途切れることなくガイドをすることができます。

  • 白熱した試合最中のスタッフ間の指示出しに
    白熱した試合最中のスタッフ間の指示出しに

    オプションのノイズキャンセリングマイクを使うことで、声が聞き取りにくいような施設内でも、音声を伝えることができます。

  • 作品の時代に合わせた音楽を流しながらの美術品解説
    作品の時代に合わせた音楽を流しながらの美術品解説

    発信器側に備えられたAUXにオーディオをつなぐことで、BGMを流しながら案内することができます。

  • 移動先での急な増員にイヤホン一つで対応
    移動先での急な増員にイヤホン一つで対応

    受信機側にはイヤホン端子が二つ付いています。急遽利用者が増えた時や、受信機が不足した時にイヤホンを追加するだけで対応できます。

BRIDGECOM X5

製品仕様

BRIDGECOM GS-T GS-R
  • 使用時間はGS-Tが10時間、GS-Rが20時間
  • 軽量・コンパクト(厚み15.5mm、重さ67g)
  • 充電方法はUSB充電と専用充電器(GS=y・GS-R専用、別売)
  • 免許や資格、使用登録等の手続き不要
  • 周波数ホッピング方式(FHSS:Frequency Hopping Spread Spectrum)の採用により、混信しにくく、雑音が少ない高音質を実現
  • 送信機を最大3人にして、話者同士で同時通話が可能(GS-X5)
  • AUX-INにオーディオを繋ぐことで、BGMを流しながら音声送ることが可能(GS-T)
  • イヤホンジャックが2個付いているため、1台を2人で使用すること*が可能(GS-R)
                 *追加でイヤホンが必要です
主な定格
周波数:
ISM 2.403~2.480Ghz
音声遅延時間:
30ms以下
チャンネル数:
40ch
連続使用時間:
10時間(GS-T)、20時間(GS-R)
電池の種類:
リチウムイオン電池(3.7V,1100mAh,4.07Wh)
使用温度範囲:
-10℃~+50℃
本体サイズ:
50mm(W)×88mm(H)×15.7mm(D)
重量:
67g
認証:
技術基準適合証明、FCC、CE
付属品:
USB充電ケーブル、ストラップピンマイク(GS-T)、
D型イヤホン(GS-R)
GSTR専用アクセサリーのマイク、イヤホン、送信機、受信機など

製品についてのお問い合わせ

製品についての問い合わせ